市内線の沿革 

豊橋鉄道市内線の沿革です
豊橋鉄道は豊橋市の新豊橋駅から渥美半島の三河田原駅まで18.0kmを結ぶ、鉄道線の渥美線と、豊橋市内に総延長5.5kmの路線を伸ばす、東田本線(市内線)と呼ばれる軌道線から成り立っています
その、市内線の沿革です
 
日 付
内  容




2010年 6月18日
「ビール電車」運行開始(9月10日まで)
 豊橋鉄道Newsをご覧ください

2010年 4月10日
「絵手紙電車」の運行開始(4月25日まで)
 会の写真集「絵手紙電車2010」をご覧ください

2010年 3月20日
「穂の国ハーフマラソン号」の運行開始(3月28日まで)
 第1回 穂の国ハーフマラソン号(3月28日開催)を記念して運行
 東愛知新聞をご覧ください

2009年10月25日
ほっトラム(T1000形電車)の、2009年鉄道友の会・ローレル賞授賞式が行なわれる
 東愛知新聞1中日新聞1東愛知新聞2中日新聞2東日新聞をご覧下さい

2009年10月 3日
「花電車」の運行開始(10月18日まで)
 豊橋まつりにあわせて、運行
 豊橋鉄道Newsをご覧ください

2009年 6月26日
「がんばれ!!フェニックス号」の運行開始(12月6日まで)
地元プロバスケットボール球団「浜松・東三河フェニックス」をアピールするために実施
 豊橋鉄道News東愛知新聞をご覧ください

2009年 6月19日
「ビール電車」運行開始(9月6日まで)[追記 期間延長して9月11日(金)まで運行いたしました]
 東日新聞東愛知新聞鉄道ファンNews鉄道ホビタス 最新鉄道情報と、豊橋鉄道Newsをご覧ください

2009年 6月15日
ほっトラム(T1000形電車)が、2009年鉄道友の会・ローレル賞を受賞
 東日新聞東愛知新聞をご覧下さい

2009年 4月25日
芝桜の花をイメージしたラッピング電車(渥美線・市内線)「しばざくら号」を、4月25日(土)から、6月21日(日)まで運行
豊橋鉄道のおしらせ「茶臼山高原「2009芝桜まつり」開催に伴う「しばざくら号」(渥美線・市内線)の運行等について」東日新聞東愛知新聞をご覧下さい

2008年12月27日
3203号が、旧塗装(クリームに赤帯・1967年〜1989(広告電車塗装に変更)年)に変更され運行開始
豊橋鉄道のおしらせ「市内線旧塗装車両の運行について」鉄道ホビタス 最新鉄道情報「豊橋鉄道市内線で旧塗装車輌運行」東愛知新聞をご覧下さい

2008年12月19日
豊橋市電に本格的LRVの連接車が運行
新造車としては、1925年の開業の時以来、83年ぶりとなる
 報道記事のページアルバムのページの「T1000(ほっトラム)発車式081219」をご覧ください

2008年11月28日
「おでんしゃ」運行
 本年度は、2009年1月31日まで運行 豊橋鉄道Newsをご覧ください

2008年11月20日
「ボージョレ電車(ボジョ電)」初登場・運行
 中日新聞東愛知新聞豊橋鉄道Newsアルバム「ボジョ電08」をご覧ください

2008年10月30日
新型LRV「ほっトラム」が搬入される

2008年10月17日
新型LRV車両の愛称が「ほっトラム」に決定される
 東日新聞と、豊橋鉄道Newsをご覧ください

2008年 7月28日
新型LRV車両の愛称を募集(8月31日まで)
 東愛知新聞と、豊橋鉄道Newsをご覧ください

2008年 7月26日
こども未来館「ここにこ」が開館し、3702号(レトロ電車)が展示される
 路面電車の運転体験が出来ます   東愛知新聞と、東日新聞をご覧ください

2008年 6月14日
「ビール電車」運行開始(8月31日まで)
 東日新聞東愛知新聞中日新聞読売新聞と、豊橋鉄道Newsをご覧ください

2007年11月27日
「おでんしゃ」初登場・運行開始
 東愛知新聞と、朝日新聞と、豊橋鉄道Newsをご覧ください

2007年10月 1日
バス部門を豊鉄バスに移管する

2007年 3月25日
3702号(レトロ電車)が引退
 会の写真集「3702号ラストラン」市電文化第35号をご覧ください

2007年 3月20日
競輪場前電停が、安全地帯化となる
 市電文化第35号をご覧ください

2006年12月 9日
「イルミネーション電車」運行開始
 豊橋鉄道News、Street Car 第2世代weblogをご覧ください

2006年 3月 5日
3100型が引退(3102号は、イベント用として残る)
 会の写真集「豊橋市電さようなら3100型」と「780・3100撮影会」をご覧ください

2005年 8月 2日
名鉄から移譲された、801号と、780型が運行開始
 会の写真集「豊橋市電撮影会」をご覧ください

2005年 3月31日
駅前〜新川間に駅前大通電停を新設
 市電文化第31号と、東日新聞をご覧ください

2000年  夏   
一輛(3702号)をのぞいて、全車冷房化完了

2000年 3月30日
3300型2輛が廃車(全廃)
 市電文化第22号と、市電文化第28号をご覧ください

2000年      
東京都交通局より、3500型2輛追加購入(全部で4輛となる)

1998年 2月19日
駅前電停を豊橋駅寄りに150m移設し、豊橋駅前ペデストリアンデッキ下に乗り入れる
建設省による「路面電車走行空間改築事業」適用第1号となる
 市電文化第16号をご覧ください

1998年 1月20日
女性運転士登場

1996年10月14日
3702号「レトロ電車」運転開始
 市電文化第14号をご覧ください

1996年 9月 5日
新川〜市役所前間のセンターポール化完成

1996年 8月 1日
列車無線設置

1996年 6月 1日
体育館前を豊橋公園前と改名

1996年 3月29日
札木停留場の移設

1995年 7月27日
市役所前〜東八町間のセンターポール化完成

1994年10月13日
「デザイン電車」登場

1994年 2月 6日
3702号、鉄道友の会「エバーグリーン賞」受賞

1993年 3月30日
3100型1輛を廃車

1992年12月24日
東京都交通局より、3500型2輛購入(元東京都電7000型)
 市電文化第5号をご覧ください

1992年 7月30日
納涼ビール電車運行開始

1991年 4月10日
「市電の日」制定

1990年11月22日
「とよはし市電を愛する会」発足

1990年 9月30日
駅前〜新川間のセンターポール化完成

1990年 9月15日
開業65周年「市電トピア」開催
 3100形2輛に冷房初取り付け、3702号をギャラリー電車化

1990年 3月30日
3900形1輛を廃車

1989年 5月28日
全面広告塗装電車登場

1989年 3月30日
3800形1輛を廃車(全廃)

1988年10月31日
運動公園前停留場に上屋完成

1987年12月26日
回数券券売機使用開始

1985年 7月 6日
駅前停留場に電車接近表示灯を設置

1984年 5月 3日
新東田営業所が営業開始

1982年 7月31日
井原−運動公園前間が開業
国内の路面電車の路線延長は14年ぶりである

1981年 3月 5日
3800形1輛を休車

1981年 1月12日
名鉄より、3200形2輛を追加購入(計3輛在籍)

1980年 9月 1日
車内に自動両替機設置

1980年 8月13日
駅前停留場に自動券売機設置

1979年10月 1日
豊橋まつりの協賛として、市電まつり開催

1978年 9月 6日
豊鉄施設工場株式会社を設立し、鉄道技術部門が独立(1986年に豊鉄建設に商号変更)

1977年11月21日
競輪場前−赤岩口間、単線特殊自動閉塞化

1977年 1月11日
3700形1輛を廃車

1976年12月24日
名鉄より、3200形1輛を購入

1976年 3月 7日
柳生橋支線が廃止される

1973年 7月14日
軌道開業50周年記念乗車券を発行

1973年 3月31日
駅前〜市民病院前間が廃止される

1971年 9月15日
3600形2輛、3700形2輛、3800形5輛、3900形1輛を廃車

1971年 8月28日
東田本線でワンマン運転が開始される

1971年 7月15日
神明停留場を札木停留場に併合

1971年 6月 2日
名古屋市交通局より、3100形を9輛購入

1971年 3月15日
3600形1輛と、3900形1輛を廃車

1969年10月 4日
名豊ビル前停車場を廃止

1969年 5月15日
国鉄豊橋駅の改築工事等の影響を受け、駅前〜市民病院前間が休止
駅前電停が移設される

1969年 1月10日
名豊ビル前停車場を休止

1968年11月 1日
豊橋鉄道の車両全部を改番する 市内線の車両は、3000番代に統一される

1968年10月 1日
駅大通を、名豊ビル前と改名

1968年 9月 1日
田口線廃止

1968年 2月 2日
ワンマンカーに改造されていた、500形3輛を廃車(500形全廃)

1967年12月 6日
柳生橋支線に、ワンマンカーに改造した700形を1輛投入

1967年10月 1日
東田本線を料金箱方式とする

1967年 5月26日
北陸鉄道より300形(2代目、後の3300形)を2輛購入

1966年 9月29日
500形3輛を廃車

1965年12月 7日
500形2輛を廃車

1965年 9月17日
田口線の、清崎〜三河田口間が水害で不通となり、運転休止

1965年 5月24日
200形全車と、500形5輛を廃車

1964年12月28日
名古屋市交通局より、900形ボギー車を2輛購入

1963年 9月 1日
球場前を体育館前と改名

1963年 8月13日
300形・400形の全車と、500形3輛を廃車

1963年 7月29日
旭橋停留場廃止

1963年 7月28日
東田本線の車両を全てボギー車とし、スピードアップがはかられる

1963年 7月15日
名古屋市交通局より、700形4輛、800形6輛のボギー車を購入

1961年 8月28日
駅前停留所に、初めてとなる高台式安全地帯を設置する

1961年 5月15日
三重交通より、600形ボギー車3輛を購入

1960年12月 8日
柳生橋支線でワンマン運転が開始される

1960年 6月 1日
競輪場前−赤岩口間が開業
赤岩口車庫が開設され、東田車庫は廃止される

1959年 9月26日
伊勢湾台風で大きな被害を受け、不通になるが、懸命の復旧作業により、4日後に復旧

1957年12月 1日
100形木造四輪単車を全車10輛廃車

1957年 9月12日
名古屋市交通局より、500形四輪単車16輛を購入

1956年10月10日
田口鉄道を合併する

1954年10月 1日
名古屋鉄道から渥美線を譲受される

1954年 8月 3日
社名を豊橋鉄道に変更する

1953年11月19日
1形を100形と改番

1952年12月25日
駅前−市民病院前間が複線化される

1952年10月 5日
駅前−市民病院前間が開業
(この路線は、船町を経て、西八町に向かう循環線の一部として先行開業したものであった)

1952年 3月19日
前畑−東田坂上間を複線化する(東田本線全線複線化)

1951年11月 1日
名古屋市交通局より、400形四輪単車3輛を購入

1951年10月30日
神明−市役所前間を大手通から新大手通(現在の国道259号線)経由に変更し、複線化を行う

1951年 7月30日
東八町−前畑間を複線化する

1951年 2月14日
名古屋市交通局より、300形木造四輪単車4輛を購入

1950年10月20日
駅前−神明間を広小路通から駅大通経由に変更し、複線化を行う

1950年 9月17日
東田−競輪場前間が開業

1950年 4月 7日
東田坂上−東田間が現在の路線に移設される
旧線は車庫への入出庫線として赤岩口車庫の開設まで残る

1949年12月25日
市役所前−赤門前(東八町)間を複線化する

1949年 9月 1日
バス専業の豊橋乗合自動車を合併、豊橋交通株式会社と社名変更

1949年 2月25日
旭川市街軌道より、200形半鋼製四輪単車4輛を購入

1949年 2月14日
公会堂前を市役所前と改名

1948年 4月14日
東田に車両修理工場設置

1946年 2月13日
神明−柳生橋間復旧

1945年 9月20日
神明−駅前間復旧

1945年 9月16日
公会堂前−神明間復旧

1945年 9月 7日
旭橋−公会堂前間復旧

1945年 7月24日
中部電力の特別高圧線被災により、全線運休(28日まで)

1945年 7月17日
前畑−旭橋間復旧

1945年 7月 8日
東田−前畑間復旧

1945年 6月20日
豊橋空襲により、全線不通になる

1945年 4月   
運賃を10銭の均一制に変更

1944年 7月28日
通勤定期乗車券発売

1943年12月 7日
朝夕に限り、急行運転を実施

1943年11月 1日
国策により、バス部門を分離し、豊橋乗合自動車を設立する

1943年 8月16日
工員定期乗車券を初発売

1939年 9月11日
名古屋鉄道の傘下に入る

1936年 3月   
赤岩山お花見往復乗車券発売

1935年 7月12日
豊橋循環自動車株式会社を合併、バス事業も展開

1926年10月   
豊橋市制20周年協賛花電車運行

1926年 5月   
1形木造四輪単車を4輛追加増備

1925年12月25日
東八町赤門〜東田が開業

1925年 7月21日
大手通札木十字路−東八町赤門(現。東八町)間が開業

1925年 7月14日
市内線運行開始(新造車の1形木造四輪単車を6輛運用)
運転区間は、豊橋駅前〜大手通札木十字路間と、途中の豊明館で分岐し、渥美鉄道(現、豊橋鉄道渥美線)柳生橋駅を結ぶ柳生橋支線

1924年 3月17日
豊橋電気株式会社の発起により、豊橋電気軌道株式会社設立

Top pageへ

とよはし市電を愛する会
www.toyohasisiden.com

Since : 3rd/March/2008
Update : 19th
/June/2010